戦中から戦後へ part

  • 2016.06.29 Wednesday
  • 17:56

杉並ほっとコミュニケーション第27期
戦中から戦後へ part
             〜戦争体験を語る〜

1945年8月15日の日本の敗戦から70年以上が過ぎ、「戦争の記憶」が薄らぎつつあります。
再び同じ道を進むのか、と思われる社会状況も見られます。
そのような中で、戦争とは、戦後とはどのようなものだったのか、考えていきたいと思います。

 

◆講演:明治憲法から日本国憲法へ
     三村 昌司 さん(東京未来大学准教授)

立憲主義の危機が叫ばれる昨今、大日本帝国憲法と日本国憲法を取り上げ、憲法を歴史的に考えてみたいと思います。
ふたつの憲法を比較しつつ、日本において憲法がどのように運用されたかを考えます。

 

◆講演を受けて:戦時下・戦後体験~から
         中山 伊佐男さん(元教員:空襲史研究家)

東京大空襲を体験し、富山に疎開し再び大空襲を体験。戦後東京で暮らしました。
三村講演から触発された記憶から戦中・戦後体験をお話したいと思います。

 

★日時:2016年7月9日(土) 13時45〜17時 (開場13時20分)
★場所:高井戸地域区民センター 第9集会室(井の頭線高井戸駅から徒歩3分)
★資料代:600円 学生300円

 

=講師紹介 =
三村 昌司(みむらしょうじ)さん=
1976年生まれ。神戸大学大学院文化学研究科修了。博士(学術)。日本近代史が専門。
神戸大学大学院人文学研究科助教を経て、現在、東京未来大学モチベーション行動科学部准教授。
論文に「近代日本における政治的主体の形成−明治前期の議事機関から」(『日本史研究』618号、2014年)など。

 

=中山 伊佐男(なかやまいさお)さん=
1929年、東京都に生まれる。1945年3月、富山に疎開し勤労動員を体験。
同年の3月東京大空襲と8月富山大空襲を体験。戦後上京し、一度は就職するが、その後大学へ。
1957年東京教育大学大学院理学研究科修士中退。元麻布高等学校教諭(生物)。
高等学校理科・生物教科書執筆。主な著書に『八月二日、天まで焼けた』(高文研)『ルメイ・最後の空襲』(桂書房)など。

 

主催:杉並歴史を語り合う会:代表服藤早苗
後援: 杉並区教育委員会
連絡先:090-1804‐5971(山本)

 

近衛文麿 と 『荻外荘(てきがいそう)』

  • 2016.06.05 Sunday
  • 10:46
■◇-----------------------------------------------------■◇
         今こそ学ぶ!
      近衛文麿 と 『荻外荘(てきがいそう)』
                        戦争に突き進んだ時代

◇■-----------------------------------------------------◇■
杉並区荻窪の閑静な住宅街にある「荻外荘(近衛文麿旧宅)」
が、国の史跡に指定されました。それを受けて杉並区は、
工藤美代子氏(ノンフィクション作家)を講師にした、記念の
講演会を行いました。

工藤氏はかつて(分裂前)の「つくる会」教科書を推薦するメンバーで、歴史を歪曲することで広く知られています。
当日の講演会でも、ただ ただ「近衛文麿と家族」の賛美だったと、参加者から批判の声も上がっています。

近衛文麿の歴史的位置づけや「荻外荘」の見どころについて、
まずは私たち自身が認識を深めようということになり、
下記のような学習会を企画しました。
共に学びましょう! みなさん、ぜひご参加ください。

            *           *          *
☆日時⇒6月17日(金) 午後6時30分(開場) 7時(開演)
■阿佐谷地域区民センター 第4・第5集会室
             <JR阿佐ヶ谷駅 徒歩3分>

お話し: 山田 朗さん (明治大学教授・歴史教育者協議会委員長)

日本近現代の国家戦略史・軍事史・天皇制・植民地支配・戦争責任の諸問題、歴史認識・歴史教育論が専門。著書に『昭和天皇の軍事思想と侵略』(校倉書房)『大元帥・昭和天皇』(新日本出版)『軍備拡張の近代史ー日本軍の膨張と崩壊』
(吉川弘文館)などがある。

★工藤美代子氏の講演を聞いた方からの報告あり
★質疑応答あり

◆資料代:500円

共 催:杉並の教育を考えるみんなの会 /杉並歴史を語り合う会
連絡先●090-1859-6656 (東本)
 

なにをめざす? 「道徳の教科化」

  • 2016.03.26 Saturday
  • 09:07
------------------------------------------------
子どもたちが狙われている?
安倍政権の進める「安保法制(戦争法)」と、
「道徳の教科化」は一体です。
国家のためなら命をも犠牲にできる人材育成では...
とも言われています。
子どもは「お国」のためにあるのではない!
★------------------------------------------------☆
    なにをめざす? 「道徳の教科化」
☆------------------------------------------------★
安倍内閣の大きな柱の一つは「教育改革」だと言っています。
その中で、最も力を注いでいるのが「道徳の教科化」です。
次期の学習指導要領の改訂が予定される2018年度から、
「道徳」を教科にし、政府が検定をした道徳の「教科書」を、
配布する予定にしています。
「道徳」を教科にして、子どもを評価する?
何を、どのように教えるのでしょうか?
今、学校現場でおこなわれている「道徳」の授業を聴きながら…
安倍内閣が、なにをめざしているのか?
子どもたちの未来に想いを寄せて、おおいに語り合いましょう!
*       *       *
■日時⇒  4月2日(土)午後6時20分(開場)6時45分(開場)
■場所⇒ 阿佐ヶ谷地域区民センター 第4・第5集会室
(JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩3分)
■内容 :
「今、学校でおこなわれている道徳の授業について」
  ★ 宮澤 弘道さん
         (小学校教員・道徳の教科化を考える会代表)
              「道徳教科化のねらい」
  ★鶴田 敦子さん
(元聖心女子大学教授・子どもと教科書全国ネット21代表委員)
□資料代⇒700円
主催:杉並の教育を考えるみんなの会
連絡先⇒090-1859-6656(東本)

政治をかえよう! 自由と平和のための4・15杉並集会

  • 2016.03.23 Wednesday
  • 16:23

立憲主義を取り戻し、戦争への道を拓く安保法制を廃止に追い込むためには、
今年の夏予定されている参議院選挙、日程は未定ですが衆議院選挙で、自民党、
公明党を追い込むために、「自由と平和のために行動する議員と市民の会@杉並」
立ち上げました。
多くの市民と超党派の議員が、知恵と力を合わせれば、それは可能だと、
私たちは考えています。
立憲主義を取り戻し、安保法案を廃案に追いこみましょう!
みなさん!ぜひ ご参加ください。    

基調講演⇒ 山口 二郎さん(法政大学 法学部教授)
      安全保障関連法の廃止を訴える五つの市民団体が、来年夏の参院選で
                 野党系候補を支援する「市民連合」を設立した。その設立メンバー。

スピーチ⇒ 参議院議員選挙東京選挙区 安保法制に反対する予定候補者

日時⇒  2016年4月15日(金)18時30分(開場)19時(開演)
 会場⇒  セシオン杉並ホール(丸ノ内線東高円寺徒歩5分)
 資料代⇒ 500円 (大学生以下無料)
主催⇒  自由と平和のために行動する議員と市民の会
       連絡先⇒ 090-1859- 6656(東本)
         03-3396-3997(塩谷)

憲法カフェ@高円寺

  • 2016.01.23 Saturday
  • 14:16
   ☆★ 憲法カフェ@高円寺 ★☆
    テーマ:立憲主義〜自民党改憲草案〜安保法案
  講師 :倉持麟太郎弁護士 (明日の自由を守る若手弁護士の会)
 ■日時:2月4日(木)18時〜
 ■場所: ぽれやあれ(JR高円寺南口より徒歩2分) 
    <Pal商店街を新高円寺方面へ歩き、Village Vanguaurdを右折。
     西友から70歩ほど歩いた左手にあります>
 ■会費: 1000円+ワンオーダーお願いします 。
                             
              *     *    * 
昨年9月には大多数の国民の反対をよそに、国会で安保法案が強行採決
されました。今年の参院選で与党が2/3以上の議席を占めた場合、
改憲も視野に入ってきています。
どのように変わるのか?そしてそもそも立憲主義とは?今更人に聞けない
ことも、この際新進気鋭の倉持先生から分かりやすく、楽しく教えてもら
いませんか?
まずは知ることから一緒に始めましょう!
★お問い合わせ、ご予約は...須藤 tomoko6944アットマークgmail.comまで!
   飛び入り歓迎です♪

隣国の肖像part

  • 2015.11.16 Monday
  • 17:38
杉並ほっとコミュニケーション第25期 =日韓国交正常化50年、戦後70年を振り返って=

隣国の肖像 part
    〜日本から朝鮮から〜
今年は、「1945年8月15日の日本の敗戦から70年、1965年6月22日の日韓基本条約締結から50年を迎えます。
これを機に日本から朝鮮へ、朝鮮から日本へのまなざしのそれぞれの視点から、お話いただき、
今日の日韓・日朝関係について考えたいと思います。

◎報告1.日本民衆の朝鮮観
青木然(あおき・ぜん)さん(たばこと塩の博物館学芸員)

市井の人びとにとって、朝鮮とはどんな存在だったのか。
民衆が触れていた朝鮮の情報・イメージや、労働・生活の場での朝鮮人との接点から考えてみたいと思います。

◎報告2.朝鮮民族運動家の日本観ー植民地期を対象としてー
加藤圭木(かとう・けいき)さん(一橋大学大学院社会学研究科専任講師)

1910年、日本は強制的に「韓国併合」をおこないました。国を奪われた朝鮮の民族運動家たちが、
日本に対してどのような認識を持っていたのかについてお話しします。

■報告後、参加者と討論となります。
★日時:2015年12月12日(土) 14時〜18時 (開場13時30分)
★場所:高井戸地域区民センター 第7・8集会室(井の頭線高井戸駅より徒歩3分)
★資料代:600円 学生300円


講師プロフィール

◆青木然(あおき・ぜん)
1984年生まれ。たばこと塩の博物館学芸員。
日本近代史。論文に、「日清戦争期における娯楽の状況──民衆の世界観への一考察」(『アジア民衆史研究』第15集、2010年)、
「日本民衆の西洋文明受容と朝鮮・中国認識 : 娯楽に託された自己像から読み解く」(『史学雑誌』123巻11号、2014年)がある。

◆加藤圭木(かとう・けいき)
1983年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科専任講師。
朝鮮近現代史。論文に、「朝鮮植民地支配と公害―戦時期の黄海道鳳山郡を中心に―」(『史海』61号、2014年)、
「朝鮮東北部・雄基港における交易の変容?一九世紀後半から一九二〇年代まで?」(君島和彦編『近代の日本と朝鮮?「された側」からの視座?』東京堂出版、2014年)、
「日露戦争以降の朝鮮における軍事基地建設と地域?永興湾を対象として?」(『一橋社会科学』5巻、2013年)等。

主催:杉並歴史を語り合う会:代表服藤早苗
後援: 歴史科学協議会 連絡先:090-1804‐5971(山本)





 

「集団的自衛権問題と隣国へのまなざし」開催のご案内

  • 2015.09.20 Sunday
  • 11:23
歴史科学協議会 市民講座
「集団的自衛権問題と隣国へのまなざし」開催のご案内

【開催趣旨】
安倍政権は、憲法研究者をはじめ多くの国民が違憲とする「戦争法案」を衆議院
で強行採決しました。隣国からも懸念の声が聞こえてきます。
現代を新たな「戦前」にしないために、「民主主義」の今日的課題と、日本から
朝鮮へのまなざしの歴史について考えたいと思います。
 
日 時:2015年9月26日(土)13時半〜17時(13時開場)
講 師:水島朝穂氏「「戦後民主主義」の終わりと「戦前民主主義」の時代 ―
新たな可能性― 」
千葉功氏「大正知識人の朝鮮観」
会 場:明治大学リバティ―タワー1083教室
JR御茶ノ水駅下車5分
参加費(資料代):600円
※事前のお申し込みは不要です。沢山のご参加をお待ちしております。

主 催(問い合わせ先):一般財団法人 歴史科学協議会
〒114-0023 東京都北区滝野川2-32-10-222
TEL/FAX:03-3949-3749(月・火・木・金 10:00 - 16:00)
e-mail:rekihyo@mx10.ttcn.ne.jp
後 援:東京歴史科学研究会/杉並歴史を語り合う会
チラシはこちら↓
http://www.maroon.dti.ne.jp/rekikakyo/kouza2015.pdf
 

隣国の肖像part 

  • 2015.07.10 Friday
  • 19:34
杉並ほっとコミュニケーション第23期
    =日韓国交正常化50年、戦後70年を振り返って=
 
隣国の肖像 part
     〜日本から朝鮮から〜


今年は、「1945年8月15日の日本の敗戦から70年、
1965年6月22日の日韓基本条約締結から50年を迎えます。
これを機に日本から朝鮮へ、朝鮮から日本へのまなざしのそれぞれの視点から、
お話いただき、今日の日韓・日朝関係について考えたいと思います。

1)「親日派」の日本観
お話:宮本正明氏(立教学院史資料センター学術調査員)
「親日派」とは、朝鮮近現代史において、日本の支配に対し積極的に協力をおこなった人々などを指して主に用いられます。
こうした人々が、植民地期において、日本による朝鮮統治をどのようにとらえていたのか、という点を中心にお話したいと思います。

2)朝鮮から〈戦後70年〉を問い直す
お話:愼蒼宇(シン・チャンウ)氏(法政大学社会学部准教授)
今年は戦後70年と言われますが、この「戦争」とは何なのでしょうか?朝鮮半島をめぐる近現代史を紐解くことで、
この「戦争」は単に満州事変以降の戦争を指すのではなく、日清・日露戦争をはじめとするいくつもの「戦争」や、
植民地支配における暴力の問題が折り重なっていることが理解できるのではないでしょうか?

■報告後、参加者と討論となります。
★日時:2015年7月25日(土) 14時〜17時30分 (開場13時40分)
★場所:杉並区立産業商工会館展示室 (JR阿佐ヶ谷駅南口より徒歩5分)
★資料代:600円 学生300円

〜〜講師プロフィール〜〜

宮本正明:2003年早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。
専門は日朝・日韓関係の近現代史。現在、立教学院史資料センター学術調査員。
論文として「朝鮮における『文化政治』と『協力』体制」(『岩波講座・東アジア近現代通史』第4巻、岩波書店、2011年)、
「朝鮮の『解放』と日本」(趙景達編『植民地朝鮮―その現実と解放の道』東京堂出版、2011年)など。

愼蒼宇(シン・チャンウ):2006年一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。
2006年都留文科大学文学部非常勤講師などを経て、2012年より現職。著書に『植民地朝鮮の警察と民衆世界』(単著)、
『岩波講座 東アジア近現代通史(全10巻・別巻1) 第2巻 日露戦争と韓国併合』(「植民地戦争としての義兵戦争」所収)、
『講座 東アジアの知識人文明と伝統社会』(「崔益東洋の平和と自主独立を目指した抗日知識人」所収)など。

主催:杉並歴史を語り合う会:代表服藤早苗
後援:杉並区教育委員会 : 歴史科学協議会
連絡先:090-1804‐5971 (山本)

ヘイトスピーチと歴史認識そして教科書問題

  • 2015.05.21 Thursday
  • 15:04
今、国際社会から、日本人の1人ひとりの歴史認識と人権感覚
が厳しく問われています。
私たちは、歴史の何を記憶して、何を子どもたちに伝えていく
のかを、みなさんと共に考えていきたいと思います。
みなさん!ぜひご参加ください。
☆★------------------------------------------●○
   ヘイトスピーチ と 歴史認識
     そして 教科書問題
○●------------------------------------------★☆
●日時⇒2015年 6月5日 金    18時30分〜
○会場: 杉並区立産業商工会館 3階ホール
            (JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩5分)
   ☆基調講演 :  辛淑玉(シン スゴ)さん
(のりこえねっと<ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える
  国際ネットワーク>
  共同代表・在日韓国人3世)
報告:  育鵬社教科書の問題点と教科書をめぐる情勢
   寺川 徹さん
     (出版労連副委員長、教科書対策部部長)
  会場からの発言 質疑応答
☆---------------------------------------------------
2013年ころより各地で、「殺せ、殺せ朝鮮人」「ガス室に朝鮮人、韓国人をたたき込め」などと耳を疑うような言葉を発し、韓国・朝鮮籍の人が多く住む地域で頻回にデモが行われるようになりました。
心ない民族差別が横行している背景には、日本の政治的土壌があります。温床になっているのは侵略戦争を美化する人物が首相や重要な閣僚ポストを担い、ナチズムすら肯定する―そんな日本政府ではないでしょうか?
今、国際社会から、日本人の1人ひとりの歴史認識と人権感覚が
厳しく問われています。
私たちは、歴史の何を記憶して、何を子どもたちに伝えていく
のかを、みなさんと共に考えていきたいと思います。
みなさん!ぜひご参加ください。
資料代:500円
--------------------------------------------------
主催:杉並の教育を考えるみんなの会 
   <連絡先:090-1859-6656(東本)>
協賛:戦争をさせない杉並1000人委員会 ・ NO WAR杉並

隣国の肖像〜日本から朝鮮から〜

  • 2015.03.21 Saturday
  • 20:11
杉並ほっとコミュニケーション第22期
    =日韓国交正常化50年、戦後70年を振り返って=


隣国の肖像〜日本から朝鮮から〜

今年は、「1945年8月15日の日本の敗戦から70年、1965年6月22日の日韓基本条約締結から50年を迎えます。
これを機に日本から朝鮮へ、朝鮮から日本へのまなざしのそれぞれの視点から、
お話いただき、今日の日韓・日朝関係について考えたいと思います。

《お話と討論》
■報告1.「明治期日本の朝鮮観」 吉野誠(よしの まこと)氏
                                                            (東海大学教授)

明治維新から日清・日露戦争をへて韓国併合にいたる過程で形成された朝鮮のイメージは、植民地期ばかりでなく、戦後の日本における朝鮮観をも規定しつづけました。
韓流ブームが示すとおり、朝鮮への理解が進展しつつあるかにみえる一方で、
メディアの北朝鮮報道や近年のヘイトスピーチなど、問題の深刻さは変わっていません。
「征韓論」や「脱亜論」をはじめ、明治期の朝鮮に対する議論をいま一度とりあげ、
検討したいと思います。

■報告2.「戦後在日朝鮮人の日本観」金鉉洙(キム・ヒョンス)氏
                                                (千葉大学・明治大学講師)

戦後の在日朝鮮人はなぜ日本に残ったのか。彼らを日本社会はどう見ていたのか。
そして、在日朝鮮人は戦後の日本社会、日本国家をどう見ていたのか。
これらの問題にについて考えてみたいと思います。

■報告後、参加者と討論となります。

★日時:2015年4月25日(土) 14時〜17時30分
                                                  (開場13時40分)
★場所:杉並区立産業商工会館展示室
                                    (JR阿佐ヶ谷駅南口より徒歩5分)
★資料代:600円 学生300円


※講師プロフィール
吉野誠 1948年生まれ。東海大学文学部アジア文明学科教授。
朝鮮近代史専攻。日朝関係史に関して、「大東合邦論の朝鮮観」(『文明研究』4)、
「大阪事件と朝鮮」(『東海大学紀要文学部』48)、「福沢諭吉の朝鮮論」
(『朝鮮史研究会論文集』26)、『明治維新と征韓論』(2002、明石書店)、
『東アジア史のなかの日本と朝鮮』(2004、明石書店)など。


金鉉洙 1973年韓国生まれ。明治大学、千葉大学非常勤講師。
戦後日韓関係史、戦後在日朝鮮人運動史。
「日本における日韓会談反対運動の展開 —日本人の反対運動を中心に—」、
(『人民の歴史学』第194号、東京歴史科学研究会、2012年12月)、
「韓日会談における韓国政府の在日朝鮮人認識」(『韓日民族問題研究』第19号、
韓日民族問題学会、2010年12月)、など。

主催:杉並歴史を語り合う会:代表服藤早苗
後援:杉並区教育委員会/歴史科学協議会
連絡先:090-1804‐5971(山本)

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM