天皇制をめぐる諸問題〜昭和天皇実録から生前退位問題まで〜

2017.06.04 Sunday 22:37
0

    =杉並ほっとコミュニケーション第30期 =

    ☆戦争と現代 part

     

    945年8月15日の日本の敗戦から70年以上が過ぎ、「戦争の記憶」が薄らぎつつあります。
    再び同じ道を進むのか、と思われる社会状況も見られます。
    そのような中で、戦争とは、戦後とはどのようなものだったのか、考えていきたいと思
    います。

     

    ◆天皇制をめぐる諸問題
          〜昭和天皇実録から生前退位問題まで〜

     

    ◆お話:山田 朗 氏 (明治大学文学部教授)

     

    日本国憲法では、天皇の地位は国民の総意によって定められることになっています。
    今回、近著『昭和天皇の戦争』で検討した、『昭和天皇実録』を読み解き、アジア太平洋戦争に関わる天皇の実像を考えたいと思います。憲法の男女平等原則も視野に入れて考えたいと思います。

     

    ★日時:2017年6月10日(土)

         13時45〜17時 (開場13時15分)


    ★場所:杉並区立産業商工会館 第1・2集会室

         (JR阿佐ヶ谷駅南口から徒歩5分)


    ★資料代:600円 学生300円

     

    【講師略歴】


    1956年生まれ。現在、明治大学文学部教授、平和教育登戸研究所資料館長、歴史教育者協議会委員長。
    専攻は日本近現代史・日本軍事史・天皇制論。


    ■単著
    『昭和天皇の戦争指導』(昭和出版、1990年)
    『大元帥・昭和天皇』(新日本出版社、1994年)〜第20回野呂栄太郎賞
    『軍備拡張の近代史――日本軍の膨張と崩壊』(吉川弘文館、1997年)
    『歴史修正主義の克服――ゆがめられた<戦争論>を問う』(高文研、2001年)
    『昭和天皇の軍事思想と戦略』(校倉書房、2002年)
    『護憲派のための軍事入門』(花伝社、2005年)
    『これだけは知っておきたい日露戦争の真実――日本陸海軍の〈成功〉と〈失敗〉』(高文研、2010年)
    『日本は過去とどう向き合ってきたか』(高文研、2013年)
    『兵士たちの戦場――体験と記憶の歴史化』(岩波書店、2015年)
    『昭和天皇の戦争』(岩波書店、2017年) など。他、共著、編集多数

     

    主催:杉並歴史を語り合う会:代表服藤早苗
    後援: 杉並区教育委員会
    連絡先:090-1804‐5971(山本)

    category:集会/学習会のお知らせ | by:sugiminacomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 都立豊多摩高校屋上に携帯基地局?!
      sugi
    • 都立豊多摩高校屋上に携帯基地局?!
    • 片山不当異動処分取り消し裁判緊急報告
      Links of London
    • 韓国の「アジアの平和と歴史教育連帯」声明
      安 淳徳
    • 杉並区の教育委員会議事録は・・
      sugi
    • 杉並区の教育委員会議事録は・・
      とおりすがり
    • 「つくる会」教科書批判パンフをダウンロードできるようになりました。
      N.M
    • 横浜の教員から怒りの声
      始動主事
    • 横浜市が「自由社」版「つくる会」教科書を採択
      通行人
    • 小学校元保護者からの要請書
      JK
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM