戦中から戦後へ 

  • 2016.10.23 Sunday
  • 21:10

杉並歴史を語り合う会 28期

市民講座杉並ほっとコミュニケーション第28期

戦中から戦後へpart

 

◆ 杉並から世界へ 原水禁署名運動と今

お話し: 丸浜 江里子さん(都留文化大学非常勤講師)

62年前、杉並区民が呼びかけた原水爆禁止署名運動は1年後、3200万
筆に上りました。杉並区民はどうしてそのような運動に立ち上がったのでしょうか。
また、この取り組みはどんな影響をもたらし、今につながっているのでしょうか。
当時の資料をもとに振り返りたいと思います。

 

杉並区民の戦後の原水禁運動の体験から
お話:真々田邦義さん (元区議会議員 )

1950年頃から高円寺の若者達で平和運動を進めていましたが、1954年のビキニ事
件をきっかけに始まった杉並の原水禁署名運動に積極的に参加しました。それま
での平和運動とは違ううねりを感じました。原水禁署名運動とともに、私も参加
した第一回原水禁世界大会のこともお話できればと思います。


日時:平成28年10月29日(土)
午後1時45分〜5時00分 (開場1時15分)
会場:高井戸地域区民センター 第7・8集会室
資料代:600円・学生300円


【講師略歴】
丸浜江里子(まるはまえりこ)さん
1951年千葉県生まれ。公立中学の社会科教諭を経て2004年、明治大大学院に進学。
06年、原水禁署名運動の研究で平塚らいてう賞奨励賞を受けた。著書に『原水禁署名運動の誕生』(凱風社.2011)、
『ほうしゃの雨はもういらない』(凱風社.2016)など。

 

真々田邦義(ままだくによし)さん

1928年、埼玉県生まれ。農林省に勤務後、杉並区高円寺で「高円寺平和を守る会」を結成し、
平和運動を進め、1954年、原水禁署名運動が始まると夫妻で署名運動に尽力した。
1955年から48年間、杉並区議会議員として活躍した。

 

主催:杉並歴史を語り合う会:代表服藤早苗
後援: 杉並区教育委員会 連絡先:090-1804‐5971(山本)

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM