土肥元校長 不当判決!

2012.01.31 Tuesday 13:03
0

     土肥信雄元三鷹高校校長の裁判の不当判決が出されました。
    今後とも闘いを応援したいと思います。
    いただいた、記者会見挨拶と見解をUPします。

    ーーーーーー
    報道機関各位
    土肥信雄氏の東京都に対する国家賠償請求訴訟の判決について
                                2012年(平成24年)1月30日
                                原告 土肥信雄 訴訟代理人
                                弁護士 吉 峯 啓 晴

    1土肥氏が訴訟の提起に至った経緯(本件訴訟の全体像)について
    原告の土肥氏は,東京都の都立学校教員として長年熟山こ勤務して,2005年(平成17年)
    4月からは都立三鷹高校の校長に着任しました。土肥氏は,東京都内に二百数十釦、る都立高校の
    校長の中でも間違いなくトップクラスにランクされるべき素晴らしい校長でありました。このこと
    は,この裁判において証拠として提出された,教員,生徒,保護者らの合計130通にも上る膨大
    な数の陳述書,あるいは,生徒や保護者から手渡された心のこもった色紙 さらには生徒達が土肥
    氏が退職するに当たって贈呈した表彰状などからも,何人も否定できない事実です。
    しかしながら,土肥氏が2009年(平成21年)3月の定年退職後にも教員として活躍するた
    めに,非常勤教員の採用試験に申込みをしたところ,応募した校長のほとんどが合格となったにも
    かかわらず,土肥氏は東京都教育委員会(以下,「都教委」といいます。)により不合格とされまし
    た。
    極めて優れた教育実績を残してきた土肥氏が不合格とされた理由は,都教委の都立高校の校長に
    対する不当な干渉に対し,土肥氏が校長としての職責を全うし毅然とした態度をもって,それが不
    当な干渉であると告発してきたことを,都教委が疎ましく思っていたからに他なりません。
    都教委は,都立高校の校長に対して,職員会議における意向を聞くための挙手・採決を禁止して
    校長による職員会議の運営方法に不当な制約を加えたり,教職員の業績評価について校長が絶対評
    価を行うべきところを逆に一定の割合を示して相対評価を行うよう指導したり,式典における国歌
    斉唱実施のために校長が教職員に対して個別的職務命令書を発出することを強要したりするなど,
    教育現場への不当な干渉を続けてきました。
    土肥氏は,東京大学卒業後に勤務した大手商社時代に談合に嫌気がさして職を辞したエピソード
    からも分かるように極めて正義感の強い人物です。土肥氏は,都教委による不当な干渉を黙って見
    過ごすことができませんでした。また,土肥氏は,都教委の不当な干渉により教育現場における教
    員の言論の自由が失われ,むしろ都教委の意図する教育現場の活性化とは真逆の教育現場に対する
    統制を強める結果となっており,将来的には生徒の言論の自由についても失われる恐れがあると強
    く危倶しました。土肥氏は,三鷹高校校長在任中の2008年(平成20年)8月22日に記者会
    見を開くなどして,都教委による不当な干渉が行われている実態を明らかにしました。これにより
    東京都民ひいては日本国民は,日本の首都である東京都において,これに全く相応しくない教育行
    政が行われている実態を知るに至ったのです。
    都教委は,このような土肥氏の勇気ある言動に対し,自らの教育行政の在り方について真筆な反省
    をするのではなく,逆に土肥氏のことを,非常勤教員採用試験の不合格という形で教育現場から抹
    殺しようとしたのです。
    そこで,土肥氏は,都教委による教育現場への不当を干渉と,土肥氏に対する不合格処分とが,
    いずれも違法な行為(具体的な法律構成としては,不当な支配,業務妨害,校長の裁量権侵害,教
    育の自由の侵害,人格権侵害,都教委の裁量権の逸脱・濫用など)であるとして,2009(平成
    21)年6月4日に,東京地方裁判所に東京都を被告とする国家賠償請求訴訟を提起したのです。
    2 本件訴訟の審理について
    本件訴訟は東京地方裁判所の労働専門部である民事第19部に係属しました。本件訴訟の争点は,
    概ね次の8つでした。
     \古未良集醜坩戮紡个垢觚 ̄椶龍要
    ◆/Π会議において職員の意向を確認する挙手・採決を禁止する旨の通知
     原告の言論に対する弾圧 陛垓軌僂2008(平成20)年10月に土肥氏に対して3回
    指導を行い「米長氏が三鷹高校に来る」と桐喝して言論弾圧を行った点等)
    ぁ々残垢砲茲覿疑Πの業績評価に対する違法・不当な干渉
    ァ仝狭陲慮析世紡个垢訝動記◆陛垓軌僂「C・D評価は20%以上出すように。」等と指導し
    て相対評価を強要したことを公表した土肥氏の行為が守秘義務違反であるとして自粛を求め,服務
    事故報告書を作成した点等。)
    Α々残垢紡个垢訖μ殻仁瓩龍要と名誉毀損
    А‥垓軌僂琉意的,独善的,強権的な言動に関する事情
    ─“鷯鏘亢軌採用試験において不合格としたことが裁量権の逸脱・濫用であること
    本件訴訟の審理としては,原告被告双方から各争点に関する詳細な主張の応酬がなされ,これを踏
    まえた上で,都教委側の証人6名と土肥氏本人の尋問が行われ,昨年2011年(平成23年)8
    月25日に口頭弁論を終結して判決言渡期日が指定されました(なお,口頭弁論終結直前での裁判
    長の交代と判決言渡期日の変更がありました)。
    証人尋問に関しては,教員,生徒,保護者等の証人候補者(以下,「証人候補者」といいます。)に
    ついて,土肥氏が証人申請を行い,各証人候補者から陳述書を提出してもらいました。このとき,
    土肥氏が申請した証人候補者について都教委は反対尋問の必要がない(証人候補者が提出した陳述
    書の内容について争う機会を設けなくてもよい)と述べたことから,裁判所は,証人候補者を採用
    しませんでした。しかしながら,各証人候補者からの陳述書には,各論点について土肥氏の主張を
    裏付ける記載があったので,これによって立証はできていたと思っています二
    本件訴訟の審理の過程では,土肥氏は,生徒のみならず,教員や保護者との間でも他に例を見ない
    ほどの高度な信頼関係を構築し,その信頼関係を土台として,三鷹高校校長在任期間中に,校内で
    の盗難件数やいじめの大幅な減少など,校長として数多くの教育実績を残していたことなどが明ら
    かになりました。他方で,驚くべきことに,都教委が非常勤教員採用試験において土肥氏の三鷹高
    校校長としての教育実績については全く考慮に入れず,意図的に無視していた実態が浮き彫りにな
    りました。
    3 判決の結果について
    東京地方裁判所民事第19部は,本日言い渡した判決において,土肥氏の請求を棄却しました。
    上述した膨大な数の証拠や本件訴訟の審理の過程を全く踏まえていない、極めて不当な判決である
    といわざるを得ません。
    土肥氏は、控訴を決意しており、一審判決は必ずや控訴審において覆されることになるものと確信
    しています
    以上

    =========================

                                                                         2012年(平成24年)1月30日

      不当判決を許さない

                                                                   元東京都立三鷹高等学校 校長 土肥信雄

    (1)判決について
    生徒・保護者のみなさん、そして全国の支援者のみなさん今までのご支援本当にありがとうございました。
     とにかく今回の不当判決は信じられません。日本という国は「嘘」をつくものが勝って、正直者が負ける国なのでしょうか。私は教師として子どもたちに、「嘘」をついてはいけない、正直に生きていれば必ず報われると教えてきました。今回の不当判決は、私が子どもたちに教えたことが間違っていることになり、その責任からもこの不当判決を許すことはできません。憲法第76条には「すべての裁判官はその良心に従い独立してその職権を行い、この憲法及び法律にのみ拘束される」とあります。嘘をつくものを勝たせ、正直者を負けさせるのが良心なのでしょうか? 私は即座に控訴したいと思います。
    (2)この裁判に期待したこと
     今回このような結果が出ましたが、私は東京都教育委員会を提訴して本当に良かったと思っています。もし提訴しなければ、都教委の言論統制の実態が闇の中に葬り去られるところでした。私は現職中に都教委に対して何度も公開討論を要求したのもかかわらず、都教委は拒否してきました。裁判の中で都教委の主張を聞けたことは、裁判が公開討論の場になったということで意味があったと思っています。
    事実は一つであり、裁判の中では事実に基づいてお互いの主張を展開して、どちらが正しいかを裁判によって判断してもらおうと思っていました。しかし残念なことに都教委はその事実すら歪曲するという、教育に携わる者として許しがたい「嘘」をすべての論争点で主張し続けたのです。お互いの主張を聞けば、都教委が「嘘」をついていることは明らかで、裁判官がそれを見抜けなかったことに大きな怒りを感じます。その中で特に許せない二点について述べたいと思います。
    (3)非常勤教員試験不合格について
    私が離任式でもらった卒業証書と卒業生全員からの色紙と、都教委の行った私に対する業績評価の違いが今回の裁判のすべてを表していると思います。教育の主体は生徒であり、その生徒・保護者から高く評価されている私が、なぜオール「C」で790人中790番なのでしょうか。このことは都教委が業績評価における公正評価義務違反を犯しているとしか言いようがありません。
    (4)私に対する言論弾圧について
     2004年10月の園遊会で、当時東京都の教育委員であった将棋棋士の米長氏が、国旗・国歌問題について天皇から「強制はしないでください」と諌められたにもかかわらず、都立高校に対して強制を強めました。そのことを批判したところ、密告されて都教委から3回も呼び出され、「米長氏の批判をするな」と強く指導されたのです。しかし都教委は後付けで作成したとしか思われないような文書を証拠提出してまで指導は2回であると主張したのです。3回指導した事実は第三者であるジャーナリストの取材メモに明記されていたのです。東京都の教育を指導している都教委がこのような明らかな嘘を主張することに、正直情けなくなりました。
    (5)今後について
    前述しましたように、私は即座に控訴します。またこのような不当判決が出ようとも、私は東京都教育委員会に2006年4月13日に出された「職員会議において職員の意向を聞く挙手・採決の禁止」通知の撤回を都教委に要求し続けたいと思います。学校に言論の自由がなくなることは、子どもにとって最悪なことであり、今回の判決は子どもの権利条約第3条「子どもの最善の利益」に違反しているからです。
    多くの国民のみなさんが、私と都教委の主張のどちらが正しいかを判断していただくためにも裁判を続けたいと思います。
    生徒・保護者そして全国の支援者のみなさん、今後とも多大なるご支援よろしくお願いいたします。
    以上

     

     

     

     

    category:東京都の教育問題 | by:sugiminacomments(0) | -

    「土肥元校長の裁判を支援する会」からのお知らせ

    2010.02.03 Wednesday 17:23
    0
      三鷹高校前校長の裁判を支援する会が府中で集会を行うということです。
      案内を転載します。

      ーーーーーー

      ★土曜日(2・6)は府中の集会へ!
      「土肥元校長の裁判を支援する会」が総力をあげてプレゼンツ!
      ”モンスター都教委さま 裁判へようこそ”を開催いたします。

      ●日時 2010年2月6日(土)6時45分開演(6時30分開場)
      ●会場 府中グリーンプラザ(けやきホール) 京王線府中駅徒歩1分
      ●内容 ・吉峯啓晴(弁護士)と土肥信雄(原告・元都立三鷹高校校長)
           が裁判の報告
          ・醍醐聰(東京大学大学院教授)が
                「職員会議の役割」をテーマに。
          ・尾木直樹(教育評論家)/最首悟(和光大学名誉教授)/
           土肥信雄の三人で、
            「-- 生徒のための教育行政を考える」セッション・トーク。
          ・三鷹高校生映像証言「これが、我らの校長!」

      ☆裁判の様子が分かります
       ・これまで四回の口頭弁論の報告、論点の解説を聞こう。
        土肥元校長のやる気、をみよう!
      ☆何のための裁判か、分かります
       ・教育現場における「言論の自由」は、教育活動や生徒の成長のために不可欠。醍醐さんの研究や、三人トークで、土肥さんのたたかいの意味をもう一度考えてみます。
      ☆入場料は資料代として500円。
       席は約500席です。お誘いあわせておいでください。

      土肥元校長の裁判を支援する会
      category:東京都の教育問題 | by:sugiminacomments(0) | -

      土肥信雄さん裁判お知らせ:「学校に言論の自由を!」裁判

      2009.11.02 Monday 23:20
      0
        土肥信雄前三鷹高校校長の裁判日程のお知らせです。

        ーーーーーーー
        皆様へ

        私の第3回裁判が11月5日(木)に開かれます。
        今回の裁判では、添付書類にあるように非常勤教員不合格のことだけでなく
        、都教委が行った全ての人権侵害について争うことになりました。
        私が意図したとおり裁判が公開討論の場になり、都教委と私のどちらが正しいか
        判断してもらいたいと思います。
        私の告訴状に対する都の反論は、嘘ばかりで許すことが出来ません。
        今回私は都の反論に対する再反論を徹底的に行いますのでよろしくお願いします。
         
        土肥信雄
          土肥元校長の裁判を支援する会
           学校に言論の自由を求めて  
        ーーー以下チラシより

        ■□土肥先生の教え子とその保護者等の会
        「土肥元校長の裁判を支援する会」からのお知らせです□■

        ******************************************************
        「学校に言論の自由を!」裁判!
        第3回は 11月5日 です!!
        今回は都教委の不当な反論に対する私の反論を展開します! 
        ぜひ、裁判の傍聴に駆けつけてください!
        *******************************************************

        ◇東京都教育委員会(都教委)の「職員会議での挙手・採決をおこなうことを禁止する」という通知に対して、土肥元校長は『禁止によって教職員の間に自由な討論ができなくなっているとして通知の撤回を要求し、都教委に公開討論を求めてきました。しかし、都教委は応じませんでした。

        ◇土肥元校長は定年退職後、非常勤教員としての再雇用を希望しましたが、都教委は、それを不合格にしました。定年退職後の非常勤教員としての採用を不合格にしたのは「報復」であり、不当なこと、として、都教委を相手に損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしました。

        ◇裁判という形で、公開討論を実現させようという「学校に言論の自由を!」裁判も3回目になります。この裁判は、教育のありようを問う重要な裁判だ!と各方面から注目を集め、毎回、法廷に入りきらないほど大勢の方々が支援の傍聴に駆けつけてくださっています。

        日時●11月5日(木)午前10時〜
        ★傍聴席の定員は42名です。開始時間間際ですと入れません。できれば、30分前位には、お越しください。

        場所●東京地方裁判所 606号法廷
        ※裁判終了後、弁護士会館「508ABC」で報告会を行います。
        ぜひそちらにもご参加ください。
        category:東京都の教育問題 | by:sugiminacomments(0) | -

        豊多摩高校屋上へのドコモ基地局建設ついに白紙撤回

        2009.07.20 Monday 10:35
        0
          以前このブログでもご紹介した都立豊多摩高校の携帯基地問題の報告です。

          ーーー

          =都立豊多摩高校屋上の基地局設置計画=
          ★ドコモが建設を断念★
          「工事再開の目処が立たない」との理由で

          朗報です。
           3月30日に断りもなくいきなり始まった豊多摩高校屋上のドコモの携帯基地局工事は、4月6日始業式の日に中断してから、何度か工事再開の動きがあったものの、反対の声が各方面に拡大する中で、7月14日ついにドコモが工事再開を断念したとの知らせがありました。
           生徒・教職員・近隣住民の健康と安全を心配し、計画見直しの声をあげてくださった皆様に感謝します。

           7月15日付で全家庭宛に配布された校長名の文書には次のようにあります。
           ドコモ側の言葉として、
           「郁立豊多庫高校様への基地局設置に関して、関係する皆様へご説明を重ねてまいりましたが、工事再開の目途が立たないため、ドコモは、サービス品質改善のスピードアップを考慮し、都立豊多摩高校様以外の施設でサービス品質改善を行うこととしました。」
           校長の言葉として、
           「4月以後、保護者の皆様には、様々なご心配をおかけしたことをお詫びするとともに、ご理解・ご協力いただきましたことに感謝いたします。」

           よく読むと、中止の理由は「工事再開の目処が立たないため」であって、なぜ「工事再開の目処が立たない」のか、生徒・近隣住民の健康や安全への不安が解消されないからという真の理由には一言も触れていません。
           また「都立豊多摩高校様以外の施設でサービス品質改善を行うこととしました」と、あくまでも成田西地区への新規基地局建設を追求する姿勢を崩しておらず、豊多摩高校に建設されなくとも同一地域内に建設されたら同じことですので、今後のドコモの動きにはなお注目が必要です。

           それでも、東京の公立学校に最初の基地局建設を許さなかったことの意味は大きいと思います。豊多摩は「都立初の基地局」の汚名を被らずに済みました。これで今後同様の計画は極めて困難になるでしょう。
           電磁波の人体に与える影響が不確定な段階で、一部ヘビーユーザーの利便性向上のために、無節操に学校や病院などへ営業拡大する路線に歯止めがかかったことになります。

           都立高初の携帯基地局建設には、各方面から疑問や不安の声が多数上がりました。
          【地域住民から】
           3月末の工事着工の直後から、地元から苦情の声が上がり、何度も校長に申し入れが行われ、「基地局建設反対する会」が結成され、「電磁波被害問題勉強会」が持たれ、反対署名活動が始まり、183筆の署名を校長と都教委に提出し、納得のいく説明と工事の見直しを要求し続けました。
          【マスコミで】
           4月5日の『東京新聞』で、「高校屋上に携帯基地局」の大きな見出しで記事が掲載されました。これをきっかけに校長・都教委はそれまでの「無用の混乱を招きかねないから説明は必要ない」の問答無用路線から、慎重姿勢に路線転換しました。
          【保護者から】
           事前に何の連絡もないまま工事が始まったことに反発が広がり、PTA総会ではドコモの説明に納得せず「臨時総会」で改めて会員の総意を問うことになりました。その「臨時総会」の前にドコモの撤退が決まりましたが、保護者の理解と協力なしには学校運営は成り立たないことがはっきりしました。
          【組合から】
           豊多摩分会からの呼びかけに対して、都高教各分会から、抗議打電、2290筆の反対署名、分会代表者会議での「携帯基地局建設に反対する決議案」と、組合総体をあげた支援活動が展開され、建設阻止の大きな力となりました。
          【議員から】
           ご近所にお住まいで元PTA会員でもある結柴誠一杉並区議(無所属区民派)が地元の反対運動の先頭に立ち杉並区議会でも問題を取り上げ、現PTA会員の松尾ゆり杉並区議(杉並わくわく会議)が保護者の立場から反対の論陣を張り、地元住民の要請を受けた保坂展人代議士(社民党)が総務省・文科省・ドコモの各々担当者を呼んで説明を求めるなど、社会問題としての広がりが拡大しつつありました。

           そんな大きな反響の中で、ドコモ・都教委・校長も、一旦立ち上げた工事の途中断念を余儀なくされたのです。
           ドコモを始め携帯各社は、一面的に営業拡大路線に突き進むのではなく、携帯に迷惑を感じている人も多い一般社会との共存の道を図るべきでしょう。
           都教委は、民間会社の言い分を鵜呑みにし、国基準を金科玉条にした安易な判断を反省し、教育の原点に立ち返って、学校施設の目的外使用については各方面の研究成果にも目配りすると同時に、都民・納税者への「説明責任」の重みを改めて肝に銘ずるべきでしょう。
           校長は、生徒の健康と安全・教育活動を守り、地域の一員として地元住民から支持される学校の責任者としてのあり方を反省すべきでしょう。

           基地局なんて学校教育には何の関係もないものでした。これで豊多摩高校は、ようやく正常な状態に戻り、本来の教育活動に専念できることになりました。受験を考えている中学生・保護者の皆さんも、安心して豊多摩高校をその選択肢に加えていただけます。生徒の利益を第一に考え、自主性を重んじ、PTAも実にしっかりした信頼できる学校です。
          (北の良心)

          category:東京都の教育問題 | by:sugiminacomments(0) | -

          土肥前三鷹高校校長のドキュメンタリー放送予定

          2009.06.19 Friday 23:53
          0
            テレビ朝日 テレメンタリー
            6月22日(月) 26:40〜27:10

            校長辞すとも自由は死せず〜生徒と歩んだ最後の半年間
            2006年4月 東京都教育委員会の突然の通知により
            職員会議で「挙手・採決」が禁止された。
            このままでは教育現場から“言論の自由”が無くなると主張し、たった一人で東京都教育委員会に反旗を翻した校長先生がいた。
            都立三鷹高校 校長 土肥信雄さん。
            「教育現場に言論の自由がなければ生徒の幸せはない!」
            34年間の教員生活、全てをかけた土肥さんの闘いが始まった。しかし、定年間際に迫った土肥さんにとって残された時間はわずか半年だった…

            制作:テレビ朝日

            ★なお、この内容をベースに再編集されたものが、
            テレビ朝日 ドキュメンタリ宣言 ゴールデンタイムでも放送予定ということです。
            6月29日(月) 19:00〜19:55(予定)
            category:東京都の教育問題 | by:sugiminacomments(0) | -

            三鷹高校校長の支援集会に1000人 /東京

            2009.02.01 Sunday 22:34
            0
              1月31日に行われた「学校に言論の自由を!part2」の関連記事をご紹介します。

              職員会議:都教委の挙手禁止通知 三鷹高校校長の支援集会に1000人 /東京[毎日新聞 2009年2月1日 地方版]

              ーーー
              ■職員会議での挙手・採決禁止
               都教委通知批判の校長
               再雇用 認められず

              ■言論の自由を求め集会開く
               保護者と市民の会

              2009年2月1日(日)「しんぶん赤旗」

              ーーーー

              [朝日新聞 2月1日東京版] サイトでは出ていないようです
              ■職員会議を批判
               土肥校長再雇用
               都教委が不合格

              都立学校の職員会議で挙手や採決を禁止した都教育委員会の土肥校長は31日、今春に定年退職した後の再雇用について都教委から不合格にされたことを明らかにした。
              土肥校長を支持する市民団体が杉並公会堂(杉並区)で開いた集会のなかで、1月16日に不合格になったと述べた。「都教委を批判した人間は不合格にするという脅迫になる」「都教委は退職を待って問題の幕引きを図るつもりだ」など批判した。都教委は「個別の選考結果については答えられない」としている。


              動画はこちら↓
              <動画>
              http://video.labornetjp.org/Members/YUMOTO/videos/gakkounogennronnnojiyupart2.wmv/view
              category:東京都の教育問題 | by:sugiminacomments(0) | -

              職員会議:都教委の挙手禁止通知 市民団体アンケート

              2009.01.21 Wednesday 18:34
              0
                「『土肥校長と共に、学校に言論の自由を求める』保護者&市民の会で、全都立高校の教員を対象に職員会議での「挙手採決の禁止」通達についてのアンケートをおこなったということです。

                詳しくは、
                ★ 「保護者&市民の会」のブログをご覧ください。

                ★記事にある都立高校の教員アンケートに寄せられた教員の声は
                 以下のサイトで発表しています。切実な声をぜひお読みください。
                 ■瀕死の都立学校と民主主義

                〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                以下記事紹介です。

                職員会議:都教委の挙手禁止通知 市民団体アンケート
                「言論の自由に悪影響」8割
                [毎日新聞 2009年1月21日 東京朝刊]

                職員会議:挙手・採決禁止通知 教員アンケ、都教委と教員で認識に差/東京
                [毎日新聞 2009年1月21日 都内版]


                1409人『悪影響あった』 職員会議『挙手』禁止 市民団体 都立高教員に調査 [東京新聞朝刊:2009年1月21日]

                ■ 「言論の自由に悪影響」が83% 都教委の挙手採決禁止2009年1月20日 17時37分
                [共同通信:速報ニュース]

                職員会議
                91%「発言減った」
                都立高 挙手・採決禁止通知で
                市民団体が調査
                [2009年1月21日:しんぶん赤旗]

                ーーー新聞記事は1週間ほどで消えてしまいますのでお早めに。−−−






                category:東京都の教育問題 | by:sugiminacomments(0) | -

                東京都教育委員会殿:土肥・三鷹高校長との公開討論に応じてください

                2008.11.04 Tuesday 21:46
                0
                  ■賛同署名の呼びかけです。

                  東京都教育委員会が職員会議での挙手・採決を禁じた通知について、
                  都立三鷹高校の土肥信雄校長が、都教委との公開討論を求め
                  続けているにもかかわらず、都教委はいまだ応じようとしません。
                   
                   土肥校長が求める公開討論に、都教委は応じてほしい!
                  ぜひ応じるべきだということで、下記の研究者・著名人の呼びかけ人
                  一同で、都教委に「土肥・三鷹高校長との公開討論に応じてください」
                  という要請書を提出することになりました。

                  ※下記の要請書にたくさんの賛同署名を添え、12月上旬くらいに
                    記者会見を開き都教委に提出の予定です。
                   
                  ※「賛同署名」の第1次締め切りは、2008年11月20日とします。
                   
                     みなさん!ぜひ賛同署名のご協力をお願いします。

                  ===========================================================
                  インターネット署名はこちらから

                  ===========================================================
                  <要請書>

                   東京都教育委員会 殿

                     ◆土肥・三鷹高校長との公開討論に応じてください◆ 

                  東京都教育委員会は2006年4月、「学校運営の適正化について」という通知を出し、職員会議において職員の意向を確認する挙手・採決を禁止しました。
                  この通知に、私たちはたいへん驚き、衝撃を受けました。
                   
                  教育は、子どもたちを育む教師同士の協力と協働なしにはなりたたない営みだからです。そして日本は民主主義社会であり、学校が校長から教師への、また教師から子どもたちへの一方的な上意下達、命令服従の場であってはならないからです。
                   
                  こうした私たちの懸念と憂慮に応えるかのように、2008年8月、都教委に対し、通知の撤回を求めて公開討論を要請したのが、土肥信雄・三鷹高校長でした。
                   
                  土肥校長は、その要請書の中で、「教員には何を言っても意見が反映されないのなら言っても意味がないという空気が広がっている」と述べ、「生徒に民主主義を教えなければならない学校だからこそ、生徒を教える教員組織は民主的に運営されなければならない」と通知撤回要請の理由を明らかにしています。

                  私たちには、土肥校長の言葉は極めて真っ当であり、常識にかなうものに聞こえます。

                  2008年9月27日、三鷹市武蔵野公会堂で、土肥校長の話を聞く集いがもたれました。都教委が公開討論に応じないのであれば、自分の意見を表明するとの土肥校長の決意を実行に移したもので、350名定員の会場に倍以上の人びとが詰めかけました。数百人が会場に入れず帰らざるをえませんでした。この問題に対する市民の関心がいかに大きいかを示したものといえます。

                  都教委は、公然と異議を申し立てる土肥校長に対し、校長が報道各社に配布した文書の中で「守秘義務に違反した」などと別件での処分をちらつかせ、真摯で建設的な意見表明を封じようとしています。それは、「挙手・採決の禁止」と同根の専制的な行政手法ではないでしょうか。

                  私たちは、ここに改めて都教委に対し、土肥校長との公開討論を求めます。

                  活発で生き生きした学校を創り、民主主義社会を豊かに築く次世代を育てていくための方向を考え合うために、ぜひ生徒、教員、保護者、都民の前で語り合っていただきたいと思います。
                   
                   2008年12月15日までに文書での回答を求めます。

                   2008年11月4日
                  (呼びかけ人)
                  ・藤田英典(国際基督教大学教授)・尾木直樹(教育評論家)
                  ・勝野正章(東京大学准教授)・石坂啓(漫画家)
                  ・広田照幸(日本大学教授)・喜多明人(早稲田大学教授)
                  ・西原博史(早稲田大学教授)・池田香代子(翻訳家)
                  ・醍醐 聰(東京大学教授)・奥地圭子(東京シューレ)
                  ・小森陽一(東京大学教授)・毛利子来(小児科医)
                  ・暉峻淑子(埼玉大学名誉教授)・堀尾輝久(東京大学名誉教授)
                  ・佐貫 浩(法政大学教授)・佐高 信(評論家)
                  ・奥平康弘(東大名誉教授)・高橋哲哉(東京大学教授)
                  ・上原 公子(元国立市長)・成嶋 隆(新潟大学教授)
                  ・大門 哲(元 都立豊多摩高校校長/元杉並区教育委員)
                  ・林 量俶(埼玉大学教授)・荒牧重人(山梨学院大学教授)
                  ・井出孫六(作家)・安藤聡彦(埼玉大学教教授・元国立市教育委員)
                  ・世取山洋介(新潟大学準教授)・山本由美(東京田中短期大学準教授)
                  ・高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)・青木 悦(教育ジャーナリスト)   
                   <順不同>


                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                  ※問い合わせ先:ganbaredohi@yahoo.co.jp 
                   土肥校長とともに学校に言論の自由を求める保護者&市民の会
                   ブログ http://blog.goo.ne.jp/ganbaredohi/
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                  category:東京都の教育問題 | by:sugiminacomments(0) | -

                  9.27「学校に言論の自由を求めて!」集会記録がUPされました

                  2008.10.15 Wednesday 22:02
                  0
                    三鷹高校の土肥校長の「学校に言論の自由を求めて!」集会の記録がUPされました。

                    自由の風WEBに特設ブログが設置されました。
                    大変詳しい当日記録集です。
                    ぜひ、ご覧ください。

                    9.27「学校に言論の自由を求めて!」集会要約
                    category:東京都の教育問題 | by:sugiminacomments(0) | -

                    9.27「学校に言論の自由を求めて」集会に約800人集まる

                    2008.09.29 Monday 15:56
                    0
                      三鷹高校の土肥校長の集会について、簡単な報告とお詫びが届きましたので転載します。

                      ーーーーー

                      みなさまへ

                       昨日、武蔵野公会堂 ホール で行なわれた、「学校に
                       言論の自由を求めて!」の集会は、みなさんのご協力に
                       より無事終了いたしました。ありがとうございました。

                       350人収容の会場は、開演前に行列ができまたたく間
                       に満杯となり、それでも会場側の顔色を見ながら、約
                       500人近い方に入っていただきましたが、約300人以上の
                       方は会場に入れず、せっかく足を運んでいただいたのにも
                       かかわらず、お帰りいただかざるをえませんでした。

                       主催者一同、恐縮し真に申し訳なく思っております。
                       入れなかったお仲間の方には、くれぐれもよろしくお伝え
                       いただければ助かります。
                       アンケートにも「会場が狭すぎる」とのご指摘をいただいて
                       おります。
                       諸々の諸事情でそこしかなかった、ということはありますが・・・
                       反省いたしております。今後の事は、来週5日に予定されて
                       いる「反省会」でじっくりと議論をして決めたいと考えています。
                       今後ともよろしくお願いいたします。

                       下記のアドレスで、集会の報告を早速配信して下さって
                        いますのでお知らせいたします。
                      レイバーネット 

                      ※近日中に「学校に自由の風を!」のHPでも集会の
                        要旨をアップする予定ですので、ご利用いただければ嬉
                        しいです。
                       

                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                      【動画は以下で見れます】

                      ●都立三鷹高校の土肥校長が、都教委の実態を語る! 集会に700名以上集る!  撮影・編集=湯本雅典  5分59秒
                      ★ユニオンチューブ

                      ★ユーチューブ
                      ……………………………………………



                      category:東京都の教育問題 | by:sugiminacomments(0) | -

                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 都立豊多摩高校屋上に携帯基地局?!
                        sugi
                      • 都立豊多摩高校屋上に携帯基地局?!
                      • 片山不当異動処分取り消し裁判緊急報告
                        Links of London
                      • 韓国の「アジアの平和と歴史教育連帯」声明
                        安 淳徳
                      • 杉並区の教育委員会議事録は・・
                        sugi
                      • 杉並区の教育委員会議事録は・・
                        とおりすがり
                      • 「つくる会」教科書批判パンフをダウンロードできるようになりました。
                        N.M
                      • 横浜の教員から怒りの声
                        始動主事
                      • 横浜市が「自由社」版「つくる会」教科書を採択
                        通行人
                      • 小学校元保護者からの要請書
                        JK
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM